治療で改善|医療機関で早期発見|がんから甲状腺の病気

医療機関で早期発見|がんから甲状腺の病気

病院

治療で改善

診断

胆管がんの初期症状として、目や顔に黄疸が現れてしまいます。また、便が白くなってしまうといった症状もあり、痒みが伴うこともあります。この胆管がんが進行することで、お腹や背中の痛み、体重が落ちてしまいガリガリに痩せてしまいます。胆管がんは発症しても初期段階であれな、自分で気付くことがありません。なので、発見が遅れてしまう方が多いとされています。発見が遅れてしまうことで、治療を受けてもまた再発してしまう可能性があります。さらに、胆管がんを遅れて発見してしまうことで、手術の難易度が上がってしまいます。難易度が上がることで生存率が低くなってしまう恐れもあるのです。なので、尿や便を日頃からチェックする必要があります。

胆管がんは病院で治療を受けることができます。また、治療方法として手術、放射線療法、化学療法があります。これらの治療を受けることで、胆管がんを改善することができるのです。ですが、胆管がんは放射線療法や化学療法は効果が低いといえるので、手術で治療を行なうことが多いです。胆管がんの範囲によって切除範囲が異なりますが、腫瘍を摘出することが大切になります。胆管がんを摘出することができますが、再発してしまう確率が高いといえます。再発しないように、治療が終わった後も生活習慣や食事に気を付ける必要があります。もし再発しても同じように治療を受けることができますが、転移していると手術が出来ない場合があります。その際は、担当医師や家族と一緒に相談をしましょう。